ジャックラッセルテリア(ジャックテリア)が可愛すぎる!性格や特徴、飼いやすさ、かかりやすい病気について調べてみました*

私、特に疲れた日の週末によく動物系映画を観て心の健康を保っているんですけど、「ペット」や「マスク」シリーズなんて可愛くて面白くて何度観たか分かんないくらいですw

あの天真爛漫で元気いっぱいなジャックラッセルテリアが可愛いんですよね本当に(。・_・。)ノ

コロナ禍で在宅ワークになった友人が最近わんちゃんを飼いだして、その子が本当に可愛くて「あおいもペット飼いなよ~癒やされるよ~」って言われてからちょっと真剣に悩んでるところです←

私は飼うなら絶対ジャックテリアだと決めていて、とにかく顔が可愛いのと犬らしい無邪気な性格がたまんないんですよね。

ジャックテリアってきっと昔から人気の犬種なのでペットショップでもよく見かけますが、この前ペッツファーストにいたこの子の顔の模様がハートマーク💛で可愛すぎて一生抱っこしてました…(><)!

ただでさえ可愛いのにこんなど真ん中にハートマークってズルすぎませんか(><)💛💛

このままだと本当に衝動買いしてしまうかもしれなかったので、いつお迎えしてもいいようにまずはジャックラッセルテリア(ジャックテリア)の性格や特徴、飼いやすさについて今回調査してみました!

ジャック・ラッセル・テリア(ジャックテリア)が生まれた歴史|Wikipedia調査

ジャック・ラッセル・テリア (Jack Russell Terrier) はイギリス原産の小型のテリア犬種。1800年代、イギリス・デヴォンのジャック・ラッセル牧師がキツネ狩りのために、地中に潜り込める小さな白いテリアを作りだしたのがこの犬種のはじまりである。また、その後、オーストラリアに渡り、飼いやすくするためにウェルシュ・コーギー・ペンブロークと交配し犬種の改良が行われ、短脚でやや温厚になりつつあるのが現在主流のジャック・ラッセル・テリアである。アメリカンケネルクラブではラッセル・テリアとして登録されている。

引用:ジャック・ラッセル・テリア|Wikipedia

ジャックラッセルテリア(ジャックテリア)って元々キツネ狩りを行うために生まれた犬種だったんですね。知らなかったです!!

その後、狩猟犬としてだけでなく家庭でも飼いやすい性格にするためにコーギーとミックスして生まれたのが今のジャックテリアということで、短足で胴長の丈夫な体はコーギー譲りでもあったんですね*

ジャックラッセルテリア(ジャックテリア)の特徴と性格*

ジャックラッセルテリア(ジャックテリア)の詳しい性格と特徴について見ていきます。

犬種:ジャックラッセルテリア
原産国:イギリス
サイズ:小型犬
体高:25~30cm
体重:5~6kg
グループ:テリア

ジャックラッセルテリア(ジャックテリア)の特徴

ジャックテリアは体高よりも体長が少し長く、毛色は白をベースに大きな班が入っており、体格は引き締まった筋肉質なボディで耳は半直立耳または垂れ耳なのが特徴です。

毛色は「白&褐色」「白&黒」「トライカラー」の三種類で、
毛並みは「スムースコート」「ラフコート」「ブロークンコート」の3タイプに分かれています。

ちょっと毛並みの違いがピンと来なかったので詳しい特徴を調べてみました*

★ジャックラッセルテリア『スムースコート』

ジャックラッセルテリアのスムースコートは、全身の毛の長さが短く、手触りはスベスベでツヤツヤとしているので気持ちいい触り心地なのが特徴です。

毛が短い分シャンプーがしやすく、乾きやすい。また、トリミング要らずなのでケアも楽で、節約もできちゃいます。

しかし、トリミングが要らない分一年を通して抜け毛が多いので毎日ブラッシングしてあげる必要があるみたいですね!

ちなみに私の好きな映画「ペット」も「マスク」のジャックテリアも、毛並みはこのスムースコートです(*´ω`*)

【映画「ペット」】

 

★ジャックラッセルテリア『ラフコート』

ジャックラッセルテリアのラフコートは毛の長さが一番長く少し硬い手触りが特徴ですが、ブラッシングを毎日してあげることで気持ちのいい手触りになるみたいです*

スムースコートとは違いトリミングの回数は年に4~5回行く必要があったり、自宅でのシャンプーは洗う時間や乾かす時間などが掛かりますが、ジャックテリアの中で一番幼く、愛らしい印象なので人気も高いそうですよ!

★ジャックラッセルテリア『ブロークンコート』

ジャックラッセルテリアのブロークンコートは、短い毛と長い毛が混ざっているのが特徴です。

体は基本的に短めの毛で覆われており、口髭や眉毛などは長く、スムースコートとラフコートをかけ合わせた毛並みになっています。

また、成犬になると毛の種類が変わることもあるようで、両親とは異なる毛の種類になる場合があるそうです。

ブロークンコートもまた、定期的なトリミングやブラッシングを行いケアしてあげることが大切になります!

ジャックラッセルテリア(ジャックテリア)の性格、飼いやすさはどう?

ジャックテリアは好奇心旺盛で遊ぶことが大好き、元気いっぱいな犬らしい性格をしています。

そのため一日2回はお散歩にでかけたりと、おうちの中でも十分に運動させてあげることが健康を保つ秘訣となります。

また、狩猟犬として生まれたその資質を受け継いでいるため、とても勇敢で反応性が高く、吠えやすいという性質も持っています。そのため、子犬の頃から興奮や吠えをコントロールできるようにしつけてあげることが大切みたいですね。

一方主従関係には忠実で、飼い主に対し忠誠を尽くすタイプの犬種なので、性格を理解ししっかりしつけできていれば、無邪気で頼もしい「相棒」のような存在として楽しく暮らしていくことができますよ!

ジャックテリアが手に負えない!?飼うのが大変!と言われている理由・・

ジャックテリアについて調べていると「手に負えない!」「飼うのが大変!」という言葉を見かけました(・・;

ズバリ何が大変で手に負えなくなってしまうのかというと、以下のような性格に関係しているそうです。

  • 抱っこを嫌がる
  • 小型犬とは思えない並外れた体力
  • 運動不足を感じると吠えたり、イタズラする
  • 叱ってもへこたれずに尻尾をフリフリ♪
  • しつけ中は飼い主の体力と気力が試される

狩猟犬として活躍してきたジャックテリアは、小型犬とは思えないのほど凄まじい体力を持っています。
それ故に、毎日しっかりと運動させてストレスを感じないようにしてあげないと、吠えたり、ものを壊したりとイタズラしてしまうのだそうですね。

どんな犬にも運動は必要で、ストレスを溜めてしまうとかまって欲しくてそのような悪さをしがちだとは思いますが、ジャックテリアはとにかく体力があるから大変ということなんだと思います。
そんな習性を持つ犬種であることを飼う前に理解しておかないといけませんね(`´)

またジャックテリアは抱っこが嫌いな犬種なので、愛犬とベタベタしたい、甘えん坊な子が好きな飼い主には少しギャップがあるかもしれませんね。

そして犬も飼い主も、みんなが心地よく暮らしていくために必要な“しつけ”も、なるべく早く子犬のうちから教えてあげることで仲良く生活できるようになります。
大事なのは「叱る時はビシッと叱り、褒める時は大げさに褒める」ということみたいですよ!!
このメリハリのあるしつけを毎日少しずつでも繰り返しトレーニングしてあげることがジャックテリアと上手く付き合っていく秘訣になるのです!

せっかくの可愛いジャックテリアを飼ってから後悔することがないように、あらかじめジャックテリアの特徴や性格を知り、飼育環境も整えてから飼い始めるようにしたいですね。

ジャックラッセルテリアを飼う上で注意しておきたいこと、かかりやすい病気について

ジャックテリアは元々狩猟犬だったため、猫やハムスター、フェレットなどの小動物を見ると追いかけたくなる習性を持っているようです。
一緒に飼う場合には、お互いを放し飼いにしないなどの配慮と注意が必要になりますね。

また、かかりやすい病気の一つに「膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)」という膝のお皿がはずれてしまう関節の病気があります。

ジャックテリアはとにかく好奇心旺盛で動くことが大好きな犬種なので、ソファやベッドからも平気でジャンプしてしまい足の関節を痛めやすいのだそう…
びっこを引いて歩いていたり、足を痛がる様子を見せたらすぐに病院を受診してください!

またこれは全ての犬種に共通することですが、高い場所からジャンプさせないように犬用の階段を設置してあげたり、床を滑りにくい素材にしてあげたりと工夫してあげたいですね。
さらにフードには、骨や関節をサポートしてくれる成分を配合したものを選ぶなど、関節トラブルに見舞われない工夫も大切になります。

かかりやすい病気には他にも、後ろ足の大腿骨頭(太ももの骨)への血流が滞ることで壊死などの症状を起こしてしまう「大腿骨頭壊死症(レッグペルテス病)」や、テリア系がなりやすい「糖尿病」といった病気もあるので、一つひとつ責任を持って飼育してあげたいですね。

ペッツファーストに居るジャックラッセルテリアが鬼かわいい件(。・_・。)

そういえば、ペッツファーストで売られている子犬・猫ちゃんたちってブリーダーや母犬の飼育状況の管理はもちろん、ワクチン接種、獣医師による健康管理などすべて一貫しているので、販売時にもブリーダー情報をしっかり公開してますし本当、安心なんですよね!!

あと、いつどのショップに訪れても店内は清潔ですし子犬・猫たちもすっごい元気なので、その辺も信頼できるペットショップだなって思います♪(ペッツファーストの安心への取り組みについてはこちらに詳しく書いてありますよ*)

私が吉祥寺店で心を射抜かれた顔の中央にハートマーク💛をつけたこの子↓から、ペッツファーストに居る可愛いジャックテリアたちを少し紹介させてください(。・_・。)ノ

犬種:ジャックラッセルテリア
性別:男の子
誕生日:2022/02/03(2ヶ月)
毛色:タンホワイト
店舗:吉祥寺サンロード店
ブリーダー:杉本ブリーダー (岡山県)

なんといってもハートマークがチャーミーポインティ―すぎますよね(。・_・。)💛

毛並みもスムースコートなので、きっと成犬になってもハートマーク健在だと思います!!

犬種:ジャックラッセルテリア
性別:女の子
誕生日:2022/01/29(3ヶ月)
毛色:ホワイトタン
店舗:レイクタウン店
ブリーダー:川越ブリーダー (宮崎県)

この子もまた愛くるしいですねっ。ブロークンコート?かな??

私テリア系のお顔も好きなので、守りたくなるような幼い顔がたまりません*

犬種:ジャックラッセルテリア
性別:女の子
誕生日:2022/01/22(3ヶ月)
毛色:タンホワイト
店舗:下北沢店
ブリーダー:杉本ブリーダー (岡山県)
え、こんな凛々しいオジ眉はじめて見ましたw
本当はあどけないベビーフェイスのはずが眉毛から口元に繋がる模様によって完全に50代のおじさんになってます(><)
このチャームポイントがまた唯一無二で可愛いですよね。
こうしてみるとひと括りに\\ジャックラッセルテリア//といっても本当にたくさんの顔があるんだなって思いました!
性格も、基本的には天真爛漫で元気いっぱい、そして飼い主にも従順なのでしつけをしっかり行えば映画のような『相棒的存在』になってくれるというので、私も早く相棒くん見つけたくなりました**