現代アートが投資先として注目されている!美術品は資産運用に適しているの?

現代アートが投資先として注目されている!美術品は資産運用に適しているの?

こんにちは。
これまで稼いだお金をコツコツ貯金してきたわけですが、将来のことを考えるともっと資産を増やしたいと思う今日この頃・・・

正直、銀行に預けてても増えないもんな~
今は銀行の普通預金ではほとんど利子がつかないので預金のみでお金を増やすのは現実的に考えて難しいですよね。
そのため、資産運用について勉強しておくことは大切だと思います。

そんな中私は最近“投資”に注目しているのですが、色々調べていると日本では現代アートブームが起こっており、投資目的として購入される方が増えているという情報を目にしました。
そこで今回はアートの投資に着目して、美術品は資産運用に向いているのかや、初心者でも手が出しやすい現代アート作品についてお話してみようと思います!

💎美術品は資産運用に向いている?

美術品は資産運用に向いてる?

知っていますか
日本は世界的に見てもアートマーケットの規模が小さい国なんです❗
そのためアートは美術館へ行き楽しむことはしてもお金を出して購入するという文化は根付いておらず、一部の富裕層が趣味や鑑賞用目的で購入されることが多い印象があります。

ですが最近は信託財産として扱う信託銀行もあるくらい美術品の資産価値が高まっているようなのですが、はたして個人で行う資産運用に美術品は向いているのでしょうか?

結論から言うと、美術品を資産運用に利用するのは適しているようです!
日本においては今まであまり馴染みが無かったかもしれませんが、国際的にみると美術品は投資家から資産運用対象として定番になっているんだとか。
これから日本でも市場が広がる可能性があるので、今から注目しておくと良いかもしれません。

💎アート投資って何?

アート投資って何?ここで、そもそも「アート投資とは何ぞや?」という人もいるのではと思ったのでアート投資について軽く説明しておきますね!(現に私は今まで知りませんでした笑)

アート投資とは絵画や彫刻などといった美術品を購入し、頃合いを見て売却して値上がり益を得る投資のことを指します。
「投資」というと株や証券などのイメージが強いかと思いますが、アート投資ではそれらの代わりとして美術品を購入するのです。
以前までは富裕層だけがおこなう投資という認識が強かったのですが、現在は安いものだと数万円から購入することが出来るので、昔に比べて手が出しやすい投資方法になっています。

また、アート投資に参入される人が増えている理由としてはアートの価値が株式市場の動向に左右されにくいという特徴も関係しているそうですよ。
現在コロナ禍など様々な背景によって経済的に不確実性の高い時代となっていますが、そんな中でも有効な投資方法だと言われているんだとか!

💎投資を行うメリットとは…

💎投資を行うメリットとは…
アート投資には株式市場の動向に左右されにくいという特徴があることをお伝えしましたが、これはつまり『値崩れが起きにくい』ということ。
美術作品は実物資産で在庫に限りがあることから希少性が高く、値崩れの心配も他の投資と比べて少ないというメリットがあるのです。

また、この他にもアート投資には『干渉しながら楽しむことが出来る投資』というメリットがあります。
投資を始めるなら誰しも利益を出して儲けたいかと思いますが、アート投資は単に利益を求めるだけでなく、その過程で作品を楽しみながら資産を増やせるのです。

💎アート作品の中でも最近は現代アート(現代美術)が注目されている

アート作品の中でも最近は現代アートが注目されている近頃、投資対象として注目を浴びる現代アート。
その理由は、一般の会社員クラスであまり予算が無い人でも購入出来る作品が現代アートにはあるからだそうです。

また、現代アートでは作家が売れた場合、数年で価値が何十倍にも跳ね上がる可能性も秘めているということで夢のある投資と言われています。
とは言え、評価を受けるのは一部の作家。
全くの無名作家に投資しよう!と考えるのはあまりオススメできませんが、どの作品の価値が沸騰するのかがわからないところが現代アートの面白さと言えるのではないでしょうか。

ちなみに、アート投資はたとえ失敗したとしても作品自体の価値が0になってしまうことはほぼありません。
そのため希望価格で売却できなかった場合は鑑賞して楽しむコレクションとして保有しておくことが出来るのです♪

💎アート投資ではどんな美術品を購入すれば良い?

アート投資ではどんな美術品を購入すれば良い?では、実際絵画などの美術品を購入しようと考えた時どんな作品を選んだら良いか迷いますよね?

私自身、アート投資について無知だったため調べてみたのですが、どうやら作家選びのポイントがあることがわかりました。

早速そのポイントをお話しますね。
作家選びの際、注目すべきは『オークションなどで売買されている作家かどうか』だそうです。

というのも選ぼうとしている作家が現段階で流通市場に乗っていなければ、株で言うところ未上場の状態と同じで価値が低いから。
そのため、そういった作家の作品は将来的に見ても転売することは出来ない可能性が高いそうです。

🖌現代アート作品ではここも注目!

理由として、評価される現代アートは“これまでのアート”を覆すような作品だから。
どこかで見たような作品には新鮮味を感じず評価される可能性は低いため、投資には向いていないのです。

ただ単に自分が楽しむだけで考えるならナチュラルに好みな作品を購入するので十分ですが、投資も含めて購入を考える場合はこういった観点で作品を選ぶようにしてみてください。
そして購入後はその作品を楽しみながら価値が上がる時期まで気長に待つのがおすすめです♪

ちなみに海外の市場とリンクしているのかも重要となるそうなので覚えておくと良いでしょう!

💎現代アート作品(現代美術)を手放すなら少しでも高く買い取ってもらうべし!

現代アート作品(現代美術)を手放すなら少しでも高く買い取ってもらうべし!

「アート投資」と言うくらいですから、これまで自宅で大切に保管していた美術品を手放す際は少しでも高く買い取ってもらいたいところですよね。

ですがこういった美術品の買取値は鑑定士の経験や審美眼による違いも大きく、たとえ同じ品物でも買い取り先によって何倍もの差が出る事があると言われています。
そのため、美術品の価値を正しく鑑定し、適正な価格を提示してくれる業者を見つけることが重要なのです!

例えば、『総合美術買取センター』という美術品専門の買取店。
ここは日本全国対応しており、絵画をはじめ中国美術、骨董品、西洋アンティークなどなど各分野でそれぞれ20年以上の経験を持った業界トップの鑑定士が在籍しています。
マーケットの動向を把握し、少しでも高く買い取りできるようリアルタイムの査定額を提示してくれるそうです!

また、手放そうと考えているけど作家名や技法がわからない、調べ方もわからないという場合の美術品でも中には高額買取できるものもあるため、一度お問い合わせしてみると良いでしょう◎

ちなみに、総合美術買取センターが現在買い取り強化している現代アートの作家例としては、

  • アンディ・ウォーホル
  • KAWS
  • 奈良美智
  • 草間彌生
  • KYNE

が挙げられます。
KAWSなんかは最近凄く有名ですよね!

買い取り業者を検討中という方は総合美術買取センターを候補に入れてみても良いかもしれません。LINEでは無料査定も行っているそうですよ♪

【総合美術買取センターの問い合わせ先】
■電話:0120-900-447
■LINE-ID:@sbkartc
無料査定申込みフォーム

💎アートは資産運用としても楽しむ時代

アートは資産運用としても楽しむ時代今回はアート投資に目を向けてお話してみました。
今までアートというと美術館や個展などに足を運び楽しむだけで終わっていた人も多いかと思います。

しかし、現在は投資を考えた上で作品を購入し、観賞として堪能しながら資産運用にも活用するという楽しみ方が普及しつつあるので、価格帯的にも手が出しやすいと言われる現代アートで資産運用を始めてみるのも良いかもしれません。

これから何かしらで投資を始めてみようと考えていて低リスク重視の人は値崩れが起きづらいアート投資を考えてみてはかがですか?